№100



5月になって、GWが過ぎても「緊急事態宣言」が続き
幼稚園をお休みにせざる得ない状況です。

流れるニュースもコロナのことが多く
「いつまでこの状態が続くのか…。」
と、不安になります。

そのような日々のなか
「幼稚園の窓から №99」に
卒園生のお孫さんを持つおばあさまが
子どもたちのために、マスクを作ってくださっていることを書きましたが
早速、人数分の可愛いプリント柄の園児用布マスクと
教職員用の布マスクまで作って
持ってきてくださいました。


〔いただいた手提げ袋にいっぱいの布マスク〕

     先生たちと相談して     
「皆になるべく早く届けたい」
と、お手紙を添えて封筒に入れ、ポストしました。

子どもたちがどんな顔をしてマスクを着けてくるのか楽しみです。


〔こちらは先生が作った園児用マスク〕 頑張りました!



このような応援をいただいたので
重くなりがちな気持ちを吹き飛ばしたいと思い
子どもの日は過ぎましたが、園庭に鯉のぼりを揚げました。

その途端、幾人かの子どもたちが園庭に走りこんできました。
「ロープがぶらさがっていたから
こいのぼりがあがるのを、まっていたんだよ。」

一緒にいたお姉さん(卒園生)は
「わたしたちが、かいたのもある!」
と、年長児のとき皆で手形を押してサインした手作り鯉のぼりに
自分のを見つけ大喜び (≧▽≦)


道を通る方々も、足を止めて見上げていかれます。

来年は
子どもたちと新しいデザインの鯉のぼりを作って
みんなで揚げられますようにと願っています。



そうこうしているうちに、海外からもニュースが入ってきました。

フィリピンにも姉妹幼稚園があるのですが
3月20日に卒園式を予定していたところ
15日に新型コロナウイルス感染症の蔓延を防ぐため
外出禁止令が発令され
次の日から外出できなくなってしまい
まだ卒園式は出来ずじまいとのこと。

その日暮らしの家族や
低賃金で働いている人がいる地域も含まれているなかで
これから子どもたちの教育が手薄になっていくのではないかと心配しています。
   貧しい地域の人々や   
失業して食べる物も手に入りにくくなっている家族のところに
お米を配るなど
少しでも手助けできる手段を探していきたいと
連絡を取り合っています。




普段は元気なのが当たり前。
   電車やバスに乗り   
ときには飛行機にも乗って
グローバルの波を当たり前として過ごしてきましたが
ここで一息ついて振り返り
いただいた命を、もっと大切に
人のことも、もっともっと大切にと
静かに深く感謝するときをいただいたような気がします。


人との距離をいちいち考えないでも済む日常が
早くも戻ってきますようにようにと祈ります。


  

レストナック幼稚園 園長 横田光子



№99



4月になったら子どもたちと新しい気持ちで会えると心待ちにしていましたが
新型コロナウイルスの流行拡大を少しでも防ぐために
「緊急事態宣言」が出され
幼稚園も臨時休園しました。


近所に人影もなくシーンとしています。
本当に思いもかけなかった世界規模の出来事に
たじたじとなっている私たちですが
今までの生活や、やり方を振り返って考える
立ち止まる時間をいただいたような気がします。

生命を人間がコントロールできるような錯覚を起こしたり
人間の力を超えた科学に頼り過ぎたり
経済も、人の命や尊厳を無視したやり方で進もうとした今の社会に対しても
警告がなされているのではないかと思います。
    

教育の分野でも無償化や補助を出していただくのはありがたいことですが
『子どもが真ん中宣言』を
どこかに押しやられていってしまったのではないかと
感じることしきりです。




気持ちも暗くなりがちなのですが、心に光を灯していただいた出来事があります。

幼稚園の裏隣りに住んでいる、お孫さんが当園を卒園した方が訪ねていらして
「幼稚園の子どもたちのために、マスクを作りたいけれど
何人の子どもたちがいるの。」
と、言ってくださいました。

平素よりいろいろとお世話になっていますが
お裁縫も上手な方で
「布が出てきたから作ろうと思って。」とのことでした。


大震災、3.11のときも
道行く人々が
「幼稚園の子どもは無事でしたか。」と、声を掛けてくださり
大いに励まされました。

今回も、すぐにご自分のできることを周りの人々にプレゼントしようという
優しい心に癒され
新たな力をいただきました。
  


私たちも一日中家の中で過ごさなければならない状況ですが
この難しい時期だからこそ
家族が助け合って
お互いのことを思いやる良い時間を過ごして欲しいと願います。

  


一日も早く終息に向かいますように
そして
皆で、この難関を乗り越えることができますよう祈っています。







レストナック幼稚園 園長 横田光子