№94



夏休み前には何とか青空を見たいと望んでいましたが
この分だとこのジメジメさの中でもうしばらく過ごすことになるのでしょうか。

それでも年長さんの「お泊まり保育」を楽しく終わることができました。

  
7月初めの金曜日から土曜日と
大型バスに乗って
千葉の緑区にある姉妹園「聖母マリア幼稚園」に一泊してきました。

雨の続いていた中、湿気はありましたが
その日だけ薄陽が差して
マリアの子どもたちと外でお弁当を広げ、遊ぶことができました。

 虫取りに一緒に連れて行ってもらったり 
森の中で竹の滑り台を滑ったり
シーソーに乗って
「おろしてくださーい。」 「のせてくださーい。」
と、変わり番に交代しながら楽しみました。




帰ってきて描いた子どもたちの絵が今までになく
『ダイナミックなバッタと自分』
『花火を見る私』
と、実に素敵な出来上がりでした。
 体で感じ、心にも思い出を響かせることができたのだと 
嬉しく思った今年の「お泊り保育」でした。


ご近所の方からも
「お泊り保育から帰ってきた
同じマンションに住んでいるレストナックのお子さんが
グンと大きくなった感じですね。」
と、言われました。 ホクホク (^^♪



年長さんの夏の大イベントの後
「さぁ、泳ごう!」
と、計画をしていましたが、何しろこのお天気・・・。
一度出したプールを引っ込めてしまいました。

22日から始まったサマースクールも
教室の中での製作やゲームに切り替えました。
 さて、そろそろ本格的な夏休みに入ります。
昨日、教室を回っていましたら
やっと『ヤッホッホ!夏休み』の歌が聞こえてきました。
やっぱりこの歌を耳にすると
「本格的な夏休みがくるのだー!」
と、実感しています。



このコーナーを読んでくださる皆様も
お元気でよい夏をお過ごしください。






                        レストナック幼稚園 園長 横田光子