№86



月日が過ぎるのが早く
2018年も11月下旬に差し掛かっています。



秋の遠足で多摩動物公園に行ってきました。
      

工事中と聞いていたので
あまり動物が見られないかもしれないと
心配しながら出かけていきましたが
運よく引っ越しをしていたライオンを間近に見たり
「ウォー!!」と、吠える声に驚いたり
隣りにいたフラミンゴを珍しそうに眺めてきました。
   後日、子どもたちが描いた絵には   
フラミンゴが一本足で長い首を伸ばして立っている様子が
たくさん描かれていました。
    

子どもたちの観察力には驚きましたし
遠足のとき、渡された動物園の地図を
ちゃんと鉛筆でたどって歩いている姿は
なかなか頼もしいものがありました。



11月に入って、遊びも盛んになり
今年は運動会で歌った歌や遊戯を思い出して
踊ったりもしていて、継続し遊んでいます。

今ちょうど、預かり保育が終わって
10人位のグループが帰っていくところですが
みんなでマリア祭で歌う歌を大合唱しています。(^^♪

    

(2週間ほど前より、皆で祈りや約束をして
11月21日に教会でお祝いをする)この時期には
心の内面のことも、子どもながらに感じる時期になっているので
幼稚園全体で
落ち着いて過ごせる雰囲気を作っていきます。



12月に入るとクリスマスに向けての準備が始まり
幼子イエス様へのプレゼントを
皆で作っていくのを楽しみにしています。
   寒さ中でも、陽だまりで元気に遊ぶ子どたちの姿に  
心身ともに、健やかに育っていくことができるよう
祈る毎日です。





                        レストナック幼稚園 園長 横田光子